• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大渕弁護士が頭部ケガの写真公開…脳出血の可能性も明かす

 8日のブログで転倒し負傷したことを明かしていたタレントで弁護士の大渕愛子氏(38)が9日夜、頭部のケガの写真を同ブログに掲載した。

「スルッと滑ってしまって頭をゴッツンとやってしまいました」と公表していた大渕弁護士は、「昨日のブログに『おでこのたんこぶ』と書いたので、前のめりに転んだと思った方もいらっしゃるようですが……」と前置きしつつ、横滑り状態で転倒したことを説明。その上で、こめかみ付近に傷を負った顔写真をアップした。

 併せて「この傷の上にたんこぶも出来たのですが、ほぼ見えないくらいになりました」と回復をアピール。ただ、転倒した際に「頭の右側、右肩、右肘、お尻の右側、右膝を打ちました」とも説明しており、かなりの勢いで転んだことがうかがえる。

 緊急外来で異常なしとの診断を受けたと報告していた大渕弁護士だが、9日午前のブログでは、時間をおいて脳出血を起こす可能性があることを医者から告げられたこと、異変が起きた時は再受診するよう指示されたことを新たに明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る