日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大渕弁護士が頭部ケガの写真公開…脳出血の可能性も明かす

 8日のブログで転倒し負傷したことを明かしていたタレントで弁護士の大渕愛子氏(38)が9日夜、頭部のケガの写真を同ブログに掲載した。

「スルッと滑ってしまって頭をゴッツンとやってしまいました」と公表していた大渕弁護士は、「昨日のブログに『おでこのたんこぶ』と書いたので、前のめりに転んだと思った方もいらっしゃるようですが……」と前置きしつつ、横滑り状態で転倒したことを説明。その上で、こめかみ付近に傷を負った顔写真をアップした。

 併せて「この傷の上にたんこぶも出来たのですが、ほぼ見えないくらいになりました」と回復をアピール。ただ、転倒した際に「頭の右側、右肩、右肘、お尻の右側、右膝を打ちました」とも説明しており、かなりの勢いで転んだことがうかがえる。

 緊急外来で異常なしとの診断を受けたと報告していた大渕弁護士だが、9日午前のブログでは、時間をおいて脳出血を起こす可能性があることを医者から告げられたこと、異変が起きた時は再受診するよう指示されたことを新たに明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事