「ブラタモリ」で新相棒 近江友里恵アナに秘めたる野望?

公開日: 更新日:

「昭和女子大学付属校は校則がすごく厳しい。爪の長さやスカートの丈の長さまでチェックされ、帰宅途中にどこかへ立ち寄って帰るのは禁止。だから、学校はせっかく渋谷に近いのに遊べない。近江アナもマジメな学生生活を送ったはずです」(女性誌記者)

 早稲田大学政治経済学部に進学後は、すでに“伝える”仕事を目指していたのだろう。学内の機関紙「早稲田ウィークリー」の読者モニターを務めたり、アナウンサー志望者の多くが通う「テレビ朝日アスク」に通い、ニュース専門のCSチャンネル「朝日ニュースター」の「ニュース解説 眼」に出演していた。

 12年にNHKに入局。熊本放送局へ配属され、14年に福岡へ異動となり、今年の春から東京へ。トントン拍子の“出世”だ。

 近江アナの魅力はルックスや雰囲気だけではなく、好奇心旺盛で行動力があるところ。仕事ではなくプライベートで、ソフトバンクホークスの試合や大相撲九州場所を見に、ひとりで出かけていったりする。今も地道に語学の勉強を続けTOEICを受けたり、長期休暇には台湾へ旅行したりもしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る