タイツ水着まで…テレ東・狩野恵里アナ“体当たり”の魅力

公開日: 更新日:

 テレビ東京の「モヤモヤさまぁ~ず2」でブレークした狩野恵里アナ(29)。屈託のない笑顔と無防備なむちむちボディーを武器に、同番組の女子アナとして初の温泉入浴シーンを公開したり、お腹が丸見えもいとわずに公園でハシャぐなど、自由奔放な振る舞いが人気だ。

 昨年に引き続き、人気女子アナ第6位と、今やテレ東の看板を担っている。さらに初エッセー「半熟アナ」(KADOKAWA刊)の出版と、まさに順風満帆だ。30歳を目前に、今後の活躍もますます期待できる。

 1986年、東京都青梅市生まれ。証券マンの父親の仕事の都合で小学6年の途中から高校2年まで、アメリカのテキサス州に1年、カリフォルニア州に4年間住む。帰国後、国際基督教大学に入学。教養学部語学科日本語学を専攻する。

 09年、テレビ東京にアナウンサーとして入社。情報番組やスポーツ番組のリポーターを経て、ニューヨーク転勤が決まった大江麻理子アナの後任として13年から「モヤモヤさまぁ~ず2」に出演。ほぼ無名に近かった狩野を選んだ理由を、伊藤隆行プロデューサーが東洋経済オンライン(13年6月10日)でこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る