日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タイツ水着まで…テレ東・狩野恵里アナ“体当たり”の魅力

 テレビ東京の「モヤモヤさまぁ~ず2」でブレークした狩野恵里アナ(29)。屈託のない笑顔と無防備なむちむちボディーを武器に、同番組の女子アナとして初の温泉入浴シーンを公開したり、お腹が丸見えもいとわずに公園でハシャぐなど、自由奔放な振る舞いが人気だ。

 昨年に引き続き、人気女子アナ第6位と、今やテレ東の看板を担っている。さらに初エッセー「半熟アナ」(KADOKAWA刊)の出版と、まさに順風満帆だ。30歳を目前に、今後の活躍もますます期待できる。

 1986年、東京都青梅市生まれ。証券マンの父親の仕事の都合で小学6年の途中から高校2年まで、アメリカのテキサス州に1年、カリフォルニア州に4年間住む。帰国後、国際基督教大学に入学。教養学部語学科日本語学を専攻する。

 09年、テレビ東京にアナウンサーとして入社。情報番組やスポーツ番組のリポーターを経て、ニューヨーク転勤が決まった大江麻理子アナの後任として13年から「モヤモヤさまぁ~ず2」に出演。ほぼ無名に近かった狩野を選んだ理由を、伊藤隆行プロデューサーが東洋経済オンライン(13年6月10日)でこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事