しゃべりすぎず 「ブラタモリ」支えるNHK桑子アナの腕

公開日:  更新日:

 タレントが騒いだり食べたりする街歩き番組がやたら多くて食傷気味だが、中高年に人気なのが「ブラタモリ」(NHK)。「笑っていいとも!」が去年3月に終了して以降の新シリーズでは地方に繰り出し、おもしろさが増した感じだ。その土地の歴史の解説(このビルの立ってる場所は××時代は城だったとか海岸だとか)を交え、深みがある街歩きとして、他の旅ものより見ごたえがある。

 先日は故郷・福岡を訪ねたタモさんがやけにうれしそうで、博多までの新幹線が開通した年、それに乗ってタレントを目指して上京した話をしみじみと語った。廃線になった電車も見学し、「乗ってたなぁ」と感慨深げ。

 また、パートナーを務める桑子真帆アナが決してしゃべりすぎず、タモさんの緩さに合わせているのがいい。鉄道好きなのを白状したタモさんが「私が鉄道です!」と言うと、さりげなく「そこまで言いますか」と突っ込んでいるところなど、目立たないが腕がある。お父さんの旅に付き合ってる娘みたいな雰囲気にも見えるが、美人だし、実は当番組を支えている進行役として、もう欠かせない存在(一応ブレーク中だ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る