少し飲むと電話魔に…歌手・大津美子さんが楽しむ“癒し酒”

公開日:  更新日:

 デビュー60周年を迎えた「東京アンナ」や「ここに幸あり」で知られる歌手・大津美子さん(78)。お酒は「雰囲気を楽しむ程度」の飲み方だが、最近はちょっと飲むと、「電話魔になる」そうだ。

  ◇  ◇  ◇

 私は69年に31歳で結婚したのですが、それまでお酒を飲むことはほとんどありませんでした。飲み方を教わったのは主人と出会ってからです。

 当時、主人はフランス料理のお店を経営していて、「飲めなくても、少しの洋酒をジンジャーエールで割ったものをテーブルに置いておけば、雰囲気を壊さないですよ」と教えてくれました。結婚してからは「このお酒、おいしいよ。ちょっと飲んでごらん」と言われて、それで少しずつ味を覚えたんです。

 私ったら、それをまるでお茶をいただくようにくーっと飲んだりしちゃうもんだから、「駄目だよそんな、ちゃんと食事もしながらゆっくり飲まなくちゃ倒れちゃうよ」なんて。そのくらい、飲み方を知らなかったの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る