日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐野稔さん “パンツ一丁”で冬の海にダイブした無鉄砲時代

 羽生結弦が史上初のトータルスコア300点超えを実現するなど男子フィギュアスケートは大盛り上がり。その男子フィギュア界で、1970年代に先駆的な活躍をしたのが佐野稔さん(60)。現在は解説者や指導者として活躍している。若き日はヤンチャに酒を楽しんでいた。

  ◇  ◇  ◇

 今は大酔っぱらいになるのはたまに、ですね。最近だと2年前。22歳で現役を引退してプロになり、41歳までアイスショーをやっていましたが、そのアイスショーの頃の仲間と久々に飲んだもんで(笑い)。普段は缶ビール1本とフルボトルのワイン3分の2本くらいを晩酌で。飲んでも毎朝5時過ぎに起きて、自分で車を運転して明治神宮外苑アイススケート場に行って、子供たちにスケートを教えています。

 一人娘の緑はプロのフィギュアスケーターとして「ディズニー・オン・アイス」のショーに出演、世界中を飛び回っているからあまり家にいません。いつもは28歳の時に結婚した女房(元体操五輪出場選手の智恵子さん)とネコ4匹を相手に、ゴルフやテニスのテレビ中継を見ながら、ああだこうだ言って飲んでいます。一番好きなのはスコッチですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事