地方でも妻が監視? 石井竜也は“不倫の代償”で悶々の日々

公開日: 更新日:

 先日、「女性セブン」のスクープで20代半ばの女性との不倫密会を報じられた石井竜也(56)。しかし、まったく反論することなく、同誌の発売前日に公式サイトで謝罪、さらに翌17日には、ラジオ番組の公開収録終了後、集まった報道陣に対して妻・マリーザさんとの“手つなぎツーショット”を披露。神妙に頭を下げた。

「とにかく、今回は嫉妬深いマリーザさんの怒りを抑えることが石井にとって最優先。そのため、手つなぎという分かりやすすぎる“ポーズ”で謝罪した」(芸能リポーター)

 すみやかに“火消し”したため、これ以上の炎上は避けられそうだが、モテ男の石井はこれまでも嫁の目が届かない地方では散々遊びまくっていたようだ。

「石井に抱かれたいファンはいくらでもいる。手口はいつも同じで、石井がファンの中から好みの女性を見つけると、石井の命を受けたスタッフがターゲットの女性に声をかけて交渉するというのがパターンでした」(音楽関係者)

 妻に財布やクレジットカード明細を管理されているという石井。今後は地方での行動もマリーザさんから厳しく監視されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る