• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TV引退も心配なし 岡本夏生は家賃収入ガッポリの“堅実派”

 失踪騒動やイベントでのガチバトルなどを起こしていたタレントの岡本夏生(50)が14日の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演し、「テレビからの引退」を宣言した。

 番組が岡本を直撃したのは13日の夜。ほぼ、すっぴんに近い状態だったことから「ヤダ。こんなひどい状態でカメラを回さないでちょうだい」などと言いながらも、今後の活動について「テレビの世界に出ることはほぼほぼないと思う。ひっそりとテレビ以外の世界で生きて行こうかなと思っています」などと心境を吐露した。

 ま、あの暴走キャラ、テレビ局の方も、今後は手を出さないだろうが、そうなると心配になってくるのが岡本の今後の生活だが、そこは「心配無用」らしい。

「岡本の不動産投資術は業界では有名で、テレビから消えていた10年間は所有不動産の家賃収入で暮らしていたという。所有不動産は東京・代官山に1軒、静岡に2軒、岐阜に1軒。これだけあれば、テレビに出なくても、たまのイベント出演などで生活に困ることはないでしょう」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る