65歳で衰えなし 山本リンダ“アンチエイジング”の極意とは

公開日:  更新日:

 ♪ウララ~ウララ~ウラウラヨ~と激しく腰を振り、約1500人の観客を沸かせると、客席からも「すげぇ」という感嘆の声が上がった。

 14日に東京・かつしかシンフォニーヒルズで行われた「第17回 長良グループ夜桜演歌まつり」での山本リンダ(65)。山川豊、氷川きよしら長良プロの歌手の昼夜2回公演のステージにゲスト出演し、「どうにもとまらない」「狂わせたいの」「狙いうち」と往年のヒット曲を続けざまに熱唱。膝まであるロングブーツに、胸の谷間を強調した迫力の衣装で踊った。舞台袖で見ていた氷川も拍手し、「すばらしいです! 目の前で見れただけで幸せ」と称えた。

 リンダは「こまっちゃうナ」で歌手デビューして、今年で50周年。舞台上ではこう言った。

「今が2016年で、デビューしたのが1966年ですから、どう考えても、そうなるんですけど、リンダ、まだ40代なの。50年なんていわれると、どうしてって思うの。リンダ、困っちゃう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る