押切もえ 山本周五郎賞ノミネートで直木賞に“リーチ”か

公開日:  更新日:

 第29回「三島由紀夫賞・山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の候補作が21日に発表され、モデルでタレントの押切もえ(36)の小説「永遠とは違う一日」(新潮社)が、山本周五郎賞にノミネートされて話題になっている。

 普段はファッション誌で活躍する押切だが、小説は13年のデビュー作「浅き夢見し」に続く2作目での快挙。「永遠とは違う一日」は、文芸誌「小説新潮」15年1月号~16年1月号に断続的に連載された6本の短編がもとになっており、仕事や恋愛、結婚など人生の岐路に立つ女性の心情が生き生きとした筆致で描かれている。

 他の候補作品は、湊かなえ氏の「ユートピア」、中田永一氏の「私は存在が空気」、相場英雄氏の「ガラパゴス」、宮内悠介氏の「アメリカ最後の実験」という力作揃い。押切の作品がどこまで評価されるか注目が集まっている。

 新潮文芸振興会が主催する山本周五郎賞、三島由紀夫賞は、ノミネート作品がそれぞれ同年の直木賞、芥川賞(日本文学振興会主催)の候補作と重複することも多く、11年には池井戸潤氏の「下町ロケット」が同年の直木賞を受賞。昨年はピースの又吉直樹(35)のデビュー小説「火花」が、同じく三島由紀夫賞にノミネートされ、同賞は逃したがその後、芥川賞を受賞している。

 選考会は5月16日に都内で行われ、その日に結果発表。又吉に続く押切フィーバーとなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る