デーブ・スペクター 五輪エンブレムを駄ジャレで一刀両断

公開日: 更新日:

 タレントのデーブ・スペクター(61)が26日にツイートした駄ジャレがファンの間で好評だ。

 テレビ出演時にいわゆる“オヤジギャグ”を連発することで知られるデーブ。近年はツイッターでも連日のように駄ジャレを発信しているが、この日のつぶやきは「東京五輪エンブレムの感想→市松の不安」というもの。

 前日の25日、東京五輪・パラリンピックの新エンブレムが市松模様をモチーフにした「組市松紋」案に決まったが、旧エンブレムが盗作疑惑により白紙撤回された経緯があるだけに、市松模様にかけて“市松(一抹)の不安”と世相を斬っている。

 今回の選考にも<今度は大丈夫なのか><出来レースではないのか?>と不安視する声が上がっていたため、ファンからは<うまい><師匠、絶好調やんっ!>といった賛辞が殺到。<ロゴにしろスタジアムにしろ、ここまでのプロセスが「おそまつ」過ぎですから>と自らの駄ジャレを披露するユーザーまで登場している。

 デーブのツイートをさかのぼってみると、「右寄りのキャッチャー→捕手系」「朝食を欠かせないコメディアン→エディ・マフィン」「犬の下着→ワンコール」と切れ味の鋭いギャグから微妙なネタまで玉石混交。これからも期待したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る