デーブ・スペクター 五輪エンブレムを駄ジャレで一刀両断

公開日: 更新日:

 タレントのデーブ・スペクター(61)が26日にツイートした駄ジャレがファンの間で好評だ。

 テレビ出演時にいわゆる“オヤジギャグ”を連発することで知られるデーブ。近年はツイッターでも連日のように駄ジャレを発信しているが、この日のつぶやきは「東京五輪エンブレムの感想→市松の不安」というもの。

 前日の25日、東京五輪・パラリンピックの新エンブレムが市松模様をモチーフにした「組市松紋」案に決まったが、旧エンブレムが盗作疑惑により白紙撤回された経緯があるだけに、市松模様にかけて“市松(一抹)の不安”と世相を斬っている。

 今回の選考にも<今度は大丈夫なのか><出来レースではないのか?>と不安視する声が上がっていたため、ファンからは<うまい><師匠、絶好調やんっ!>といった賛辞が殺到。<ロゴにしろスタジアムにしろ、ここまでのプロセスが「おそまつ」過ぎですから>と自らの駄ジャレを披露するユーザーまで登場している。

 デーブのツイートをさかのぼってみると、「右寄りのキャッチャー→捕手系」「朝食を欠かせないコメディアン→エディ・マフィン」「犬の下着→ワンコール」と切れ味の鋭いギャグから微妙なネタまで玉石混交。これからも期待したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る