• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デーブ・スペクター 五輪エンブレムを駄ジャレで一刀両断

 タレントのデーブ・スペクター(61)が26日にツイートした駄ジャレがファンの間で好評だ。

 テレビ出演時にいわゆる“オヤジギャグ”を連発することで知られるデーブ。近年はツイッターでも連日のように駄ジャレを発信しているが、この日のつぶやきは「東京五輪エンブレムの感想→市松の不安」というもの。

 前日の25日、東京五輪・パラリンピックの新エンブレムが市松模様をモチーフにした「組市松紋」案に決まったが、旧エンブレムが盗作疑惑により白紙撤回された経緯があるだけに、市松模様にかけて“市松(一抹)の不安”と世相を斬っている。

 今回の選考にも<今度は大丈夫なのか><出来レースではないのか?>と不安視する声が上がっていたため、ファンからは<うまい><師匠、絶好調やんっ!>といった賛辞が殺到。<ロゴにしろスタジアムにしろ、ここまでのプロセスが「おそまつ」過ぎですから>と自らの駄ジャレを披露するユーザーまで登場している。

 デーブのツイートをさかのぼってみると、「右寄りのキャッチャー→捕手系」「朝食を欠かせないコメディアン→エディ・マフィン」「犬の下着→ワンコール」と切れ味の鋭いギャグから微妙なネタまで玉石混交。これからも期待したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る