公式ツイッター大炎上 みのもんた「よるバズ!」の注目度

公開日:  更新日:

 熊本地震絡みで、みのもんた(71)が炎上という、時ならぬ騒動が湧き上がった。23日、みのが2年半ぶりにキャスター復帰するインターネットテレビ局「Abema TV」の報道番組「みのもんたのよるバズ!」の公式ツイッターを20日開設したが、これに非難ごうごうなのだ。

 初つぶやきは、みのらしく飲み会の話で、その後がいけなかった。

<俺なんかの役目はね、広めること。今回の震災もね、熊本だけじゃなくて九州全体だから。支援のやり方も甘い。自衛隊きちんとして欲しいね。あと、過去の震災、阪神淡路、もっと遡れば関東大震災の教訓活かせてないでしょ?……みたいにTVではちょっと言いづらいことも、ここでは言いたいね>

 これ対するリツイートは2400以上。何が問題かというと「自衛隊きちんとして欲しいね」の件。誰もが思っていることだと思うが、「必死でやっている」といった批判が殺到しているという。みのにしてみれば被災者のことを思って言っているのに……という心境だったろう。ただ、この手の反響は無視できずに<僕の言葉で現場で活動されている方々や、その御家族に不快な思いをさせてしまった>として陳謝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る