中国でドラマに抜擢 崖っぷち時代の矢野浩二を救った恩人

公開日:  更新日:

 そもそも中国に行ったのは崖っぷちだったから(笑い)。19歳で役者になろうと大阪から上京して8、9年やっても鳴かず飛ばず。そんなとき、前の事務所のご縁で中国ドラマ「永遠の恋人」の主役のひとりという大役の話が入ってきたんです。

 2000年4月に北京に渡り、3カ月間撮影しました。当時は「ニイハオ」「シェシェ」くらいしか中国語を知らなかったけど、日本人留学生役だったので演じることができました。そして、撮影が終わったら改めてまた来て、とことんやってみようと思った。でも、とくに中国に魅力を感じたわけではありません。「永遠の恋人」はヒットしなかったので、手ごたえを感じたわけでもありません。日本で俳優として結果が出せなかったので、自分の居場所を探した先が中国だったんです。

 翌01年4月、ひとりで北京に渡り、築30年、家賃2万円ほどのオンボロアパートを借りて生活し始めました。そして人脈づくりをしたり、中国語を学ぶ学校に通ったりするうち、楊陽監督と会う機会に恵まれたのです。「記憶の証明」の撮影終了後、監督はボクを自分の会社所属の第1号の俳優にしてくれました。そして05年1月、中国中央電視台が由緒ある北京ホテルで大々的に開くパーティーに連れていってくれました。著名な監督やプロデューサー、俳優が一堂に会する中、円卓を一つ一つ回りながら頭を下げて紹介してくれたんです。日本人を悪く言う人もいたと思うのに、そこまでやってくれるなんて勇気があるなと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る