• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国でドラマに抜擢 崖っぷち時代の矢野浩二を救った恩人

 そもそも中国に行ったのは崖っぷちだったから(笑い)。19歳で役者になろうと大阪から上京して8、9年やっても鳴かず飛ばず。そんなとき、前の事務所のご縁で中国ドラマ「永遠の恋人」の主役のひとりという大役の話が入ってきたんです。

 2000年4月に北京に渡り、3カ月間撮影しました。当時は「ニイハオ」「シェシェ」くらいしか中国語を知らなかったけど、日本人留学生役だったので演じることができました。そして、撮影が終わったら改めてまた来て、とことんやってみようと思った。でも、とくに中国に魅力を感じたわけではありません。「永遠の恋人」はヒットしなかったので、手ごたえを感じたわけでもありません。日本で俳優として結果が出せなかったので、自分の居場所を探した先が中国だったんです。

 翌01年4月、ひとりで北京に渡り、築30年、家賃2万円ほどのオンボロアパートを借りて生活し始めました。そして人脈づくりをしたり、中国語を学ぶ学校に通ったりするうち、楊陽監督と会う機会に恵まれたのです。「記憶の証明」の撮影終了後、監督はボクを自分の会社所属の第1号の俳優にしてくれました。そして05年1月、中国中央電視台が由緒ある北京ホテルで大々的に開くパーティーに連れていってくれました。著名な監督やプロデューサー、俳優が一堂に会する中、円卓を一つ一つ回りながら頭を下げて紹介してくれたんです。日本人を悪く言う人もいたと思うのに、そこまでやってくれるなんて勇気があるなと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る