• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒部進さんを俳優へと導いた山本嘉次郎監督“鶴の一声”

 特撮ドラマの名作「ウルトラマン」の放映開始からちょうど50年。主演のハヤタ隊員を演じた黒部進さん(76)はその後、時代劇、刑事ドラマ、舞台などで活躍している。俳優になったきっかけをつくってくれたのは、映画監督の山本嘉次郎さん(享年72)だった。

 ◇  ◇  ◇

 渋谷駅東口。今、ヒカリエになってるところは2003年まで東急文化会館という文化施設で、歩道に面した1階にバームクーヘンで有名なユーハイムの喫茶店がありました。

 実は役者になる前、ここの店先で靴磨きをやっていたんです。今から56年前。大学生だった1960年から61年にかけてですね。

 58年に故郷の富山県から上京し、中央大学経済学部に入学。自分で言うのも何だけど、2年生までは真面目でね。ところが、役者になるため、劇団「表現座」に入団してから、芝居が面白くて学校どころじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る