中国でドラマに抜擢 崖っぷち時代の矢野浩二を救った恩人

公開日:  更新日:

 02年11月から半年かけて撮影し、04年12月から国営テレビ局「中国中央電視台」で夜8時から1日2話ずつ放送されて大ヒット。作品は05年の中国のドラマの年間最優秀作品賞にあたる“飛天賞”を受賞、楊陽監督は監督賞を受賞しました。

 楊陽監督はこだわりの人。印象に残っていることがあります。ボクは日本の軍人のナンバーワンの役なので、カメラが回っていないときも日本人らしくペコペコお辞儀してはダメと言われたこと。というのも、秘密基地で300人の捕虜を前に訓示を垂れるシーンの捕虜役は、なんとモノホンの犯罪者。迫力のある目つきをしている彼らを威圧しなくてはいけない。礼儀正しくしてはダメなんです。

■日本から持参した90万円は底を突き、寝泊りの面倒も

 楊陽監督は面倒見もよくて、撮影してから放送されるまでの1年半ほどの間、家賃が節約できるからと監督の制作会社に寝泊まりさせてくれました。そして、「ドラマが放送されれば浩二は売れる。それまで我慢しなさい」とずっと励まし続けてくれた。日本から持っていった90万円はとっくに底を突き、日本語を教える家庭教師のアルバイトで食いつないでいる状態でしたから、ありがたかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る