• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北斗晶 “壮絶”闘病生活でも「楽しい休日を」とメッセージ

「副作用がすごくってね。髪の毛がどんどん抜け落ちて……。(中略)もう胸が痛くて、見ていられなかった」

 タレント北斗晶(48)の乳がん手術後の様子について、母親が「女性セブン」でそう打ち明けている。北斗は昨年9月に右乳房を全摘する手術を受けた後、脇のリンパへの転移が分かり、抗がん剤治療を受けていたという。

「都内病院への入退院を繰り返しながら、断続的に投与された薬によって、脱毛、強い吐き気に加え、全身の倦怠感や味覚障害に襲われたのです。あまりの副作用に、主治医が見かねて投薬量を減らし、当初8回の計画を9回に延ばしたそうです」と、マスコミ関係者は言う。

 現在は、埼玉県東部の自宅で療養中。その目と鼻の先にある実家で北斗を見守ってきた母親は「心配させたくないからって、あの娘は私の前では一切弱音を吐かないんです」などと語っている。「見えないところでしか泣かない」と。

 がんは手術はもちろん術後の闘病がつらく、何年にも及ぶこともある。北斗も壮絶な日々を送ってきたようだ。最近のブログを開くと、夫の佐々木健介(49)と2人の息子との日常を頻繁につづっている。29日は「みなさん楽しい休日を」とある。大きなメッセージだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る