北斗晶 “壮絶”闘病生活でも「楽しい休日を」とメッセージ

公開日: 更新日:

「副作用がすごくってね。髪の毛がどんどん抜け落ちて……。(中略)もう胸が痛くて、見ていられなかった」

 タレント北斗晶(48)の乳がん手術後の様子について、母親が「女性セブン」でそう打ち明けている。北斗は昨年9月に右乳房を全摘する手術を受けた後、脇のリンパへの転移が分かり、抗がん剤治療を受けていたという。

「都内病院への入退院を繰り返しながら、断続的に投与された薬によって、脱毛、強い吐き気に加え、全身の倦怠感や味覚障害に襲われたのです。あまりの副作用に、主治医が見かねて投薬量を減らし、当初8回の計画を9回に延ばしたそうです」と、マスコミ関係者は言う。

 現在は、埼玉県東部の自宅で療養中。その目と鼻の先にある実家で北斗を見守ってきた母親は「心配させたくないからって、あの娘は私の前では一切弱音を吐かないんです」などと語っている。「見えないところでしか泣かない」と。

 がんは手術はもちろん術後の闘病がつらく、何年にも及ぶこともある。北斗も壮絶な日々を送ってきたようだ。最近のブログを開くと、夫の佐々木健介(49)と2人の息子との日常を頻繁につづっている。29日は「みなさん楽しい休日を」とある。大きなメッセージだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る