北斗晶 “壮絶”闘病生活でも「楽しい休日を」とメッセージ

公開日:  更新日:

「副作用がすごくってね。髪の毛がどんどん抜け落ちて……。(中略)もう胸が痛くて、見ていられなかった」

 タレント北斗晶(48)の乳がん手術後の様子について、母親が「女性セブン」でそう打ち明けている。北斗は昨年9月に右乳房を全摘する手術を受けた後、脇のリンパへの転移が分かり、抗がん剤治療を受けていたという。

「都内病院への入退院を繰り返しながら、断続的に投与された薬によって、脱毛、強い吐き気に加え、全身の倦怠感や味覚障害に襲われたのです。あまりの副作用に、主治医が見かねて投薬量を減らし、当初8回の計画を9回に延ばしたそうです」と、マスコミ関係者は言う。

 現在は、埼玉県東部の自宅で療養中。その目と鼻の先にある実家で北斗を見守ってきた母親は「心配させたくないからって、あの娘は私の前では一切弱音を吐かないんです」などと語っている。「見えないところでしか泣かない」と。

 がんは手術はもちろん術後の闘病がつらく、何年にも及ぶこともある。北斗も壮絶な日々を送ってきたようだ。最近のブログを開くと、夫の佐々木健介(49)と2人の息子との日常を頻繁につづっている。29日は「みなさん楽しい休日を」とある。大きなメッセージだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る