佐々木健介の“献身”に喝采 「乳がんの妻」どうサポートするか

公開日:  更新日:

 乳がんで闘病を続ける妻・北斗晶(48)を励まそうと、夫・佐々木健介(49)は、肌着や花束をプレゼントしたり、家事を手伝ったり。折に触れて妻を思いやる行動に喝采が起こっているが、明日はわが身だ。心構えもないままに、万が一、妻が乳がんを患ったら、どうやって支えればいいか――。

 10年前、妻(48)が左乳房を全摘した鈴木和夫さん(51=仮名)は、自分も動揺していたが、当時中2の息子の一言に救われたという。

「正直、塞ぎ込む妻が一番つらいのはよく分かっていましたが、どう励ませばいいのか分からず、目の前にたまる一方の炊事や洗濯、掃除に追われていました。今から思えば妻から逃げていたのです。そんなとき、息子は学校から帰ると、妻の寝室に行って、なけなしの小遣いで買ってきたプリンやアイスなどのお土産を渡して、妻の話を聞いていたそうです。そんな息子のことを妻から聞いたのが、退院1週間後の土曜日。それで、ハッとした。ひとりで家事を抱え込もうとせず、ただただ妻のそばにいて話を聞くことが大切なんだと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る