佐々木健介の“献身”に喝采 「乳がんの妻」どうサポートするか

公開日: 更新日:

 乳がんで闘病を続ける妻・北斗晶(48)を励まそうと、夫・佐々木健介(49)は、肌着や花束をプレゼントしたり、家事を手伝ったり。折に触れて妻を思いやる行動に喝采が起こっているが、明日はわが身だ。心構えもないままに、万が一、妻が乳がんを患ったら、どうやって支えればいいか――。

 10年前、妻(48)が左乳房を全摘した鈴木和夫さん(51=仮名)は、自分も動揺していたが、当時中2の息子の一言に救われたという。

「正直、塞ぎ込む妻が一番つらいのはよく分かっていましたが、どう励ませばいいのか分からず、目の前にたまる一方の炊事や洗濯、掃除に追われていました。今から思えば妻から逃げていたのです。そんなとき、息子は学校から帰ると、妻の寝室に行って、なけなしの小遣いで買ってきたプリンやアイスなどのお土産を渡して、妻の話を聞いていたそうです。そんな息子のことを妻から聞いたのが、退院1週間後の土曜日。それで、ハッとした。ひとりで家事を抱え込もうとせず、ただただ妻のそばにいて話を聞くことが大切なんだと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  6. 6

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る