• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐々木健介の“献身”に喝采 「乳がんの妻」どうサポートするか

 乳がんで闘病を続ける妻・北斗晶(48)を励まそうと、夫・佐々木健介(49)は、肌着や花束をプレゼントしたり、家事を手伝ったり。折に触れて妻を思いやる行動に喝采が起こっているが、明日はわが身だ。心構えもないままに、万が一、妻が乳がんを患ったら、どうやって支えればいいか――。

 10年前、妻(48)が左乳房を全摘した鈴木和夫さん(51=仮名)は、自分も動揺していたが、当時中2の息子の一言に救われたという。

「正直、塞ぎ込む妻が一番つらいのはよく分かっていましたが、どう励ませばいいのか分からず、目の前にたまる一方の炊事や洗濯、掃除に追われていました。今から思えば妻から逃げていたのです。そんなとき、息子は学校から帰ると、妻の寝室に行って、なけなしの小遣いで買ってきたプリンやアイスなどのお土産を渡して、妻の話を聞いていたそうです。そんな息子のことを妻から聞いたのが、退院1週間後の土曜日。それで、ハッとした。ひとりで家事を抱え込もうとせず、ただただ妻のそばにいて話を聞くことが大切なんだと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る