• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「バケモノの子」興収60億円も 細田守監督“ジブリロス”埋める

【エンタメ最前線】

 今夏は猛暑の影響でとくに飲料業界などの業績が大幅アップしたが、映画界も勝ち組に挙げていい。2000年以降ではもっとも活況を呈したからである。

 お盆期間の書き入れ時、8月8日から14日までの1週間で全国の映画館の総興収が100億円を突破した。これまでの最高記録は01年の同時期に記録した約90億円だから、10%ほども上回っている。

 前にも伝えたように話題作が目白押しで、予想通り、邦画、洋画ともに大ヒット作品がズラッと並んだ。すでに興収30億円を超えた作品が6本も登場。この大入りの数は1年分と遜色はない。

 30億円超えは「バケモノの子」「ジュラシック・ワールド」「HERO」「インサイド・ヘッド」「ミニオンズ」「アベンジャーズ」。洋画の健闘が久しぶりに目立つのが特徴だ。このうち何本かはもっと数字を伸ばすだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る