「バケモノの子」興収60億円も 細田守監督“ジブリロス”埋める

公開日:  更新日:

【エンタメ最前線】

 今夏は猛暑の影響でとくに飲料業界などの業績が大幅アップしたが、映画界も勝ち組に挙げていい。2000年以降ではもっとも活況を呈したからである。

 お盆期間の書き入れ時、8月8日から14日までの1週間で全国の映画館の総興収が100億円を突破した。これまでの最高記録は01年の同時期に記録した約90億円だから、10%ほども上回っている。

 前にも伝えたように話題作が目白押しで、予想通り、邦画、洋画ともに大ヒット作品がズラッと並んだ。すでに興収30億円を超えた作品が6本も登場。この大入りの数は1年分と遜色はない。

 30億円超えは「バケモノの子」「ジュラシック・ワールド」「HERO」「インサイド・ヘッド」「ミニオンズ」「アベンジャーズ」。洋画の健闘が久しぶりに目立つのが特徴だ。このうち何本かはもっと数字を伸ばすだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る