日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スミス都へ行く(1939年 フランク・キャプラ監督)

「スミス都へ行く」と「我が家の楽園」/(C)発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンターテイメント

新米議員が“妖怪”どもの汚職を糾弾

 名匠F・キャプラの代表作。先週、本作と「我が家の楽園」をセットにしたBDが発売された。

 米国のある州。急死した上院議員の後継として政治に素人の青年スミス(ジェームズ・スチュアート)が指名された。スミスは希望を抱いてワシントンに到着。美人秘書のサン…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事