警察不祥事「稲葉事件」 映画化は白石監督からの“挑戦状”

公開日: 更新日:

「(警察の組織的・計画的犯罪という)テレビではまず放映できないネタ。今の日本映画ではなかなかできないことをやった自負はあります。はたしてそれがどう受け入れられるか、公開を前に高揚感を感じています」

 日本警察史上最大の不祥事といわれる「稲葉事件」を映画化した「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が、興奮気味にそう語った。

「表現の自由が憲法で認められているはずなのに、最近の日本はどうも社会全体が自主規制ばかりするムードになってきている。ならば映画人として、このインモラルな題材をあえてやってやろう、と思ったんです」

 日本アカデミー賞で絶賛された前監督作「凶悪」(13年)と同じく、実在の事件を基にした社会派ドラマ。

 舞台は金丸信自民党副総裁銃撃事件以来、日本中が銃器犯罪に神経質になっていた90年代。違法拳銃の押収にやっきになる北海道警察と主人公の刑事は、やがて裏社会と結託してヤラセ捜査で押収実績を稼ぐようになっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る