古舘伊知郎 バラエティー復帰宣言に“バブル芸人”戦々恐々

公開日:  更新日:

 やっぱり器が違う――。先週末、「報道ステーション」(テレビ朝日系)降板以降、11年ぶりに2つのバラエティーに出演した古舘伊知郎(61)の評判がうなぎのぼりだ。

 なにしろ10日の「ぴったんこカン・カン スペシャル」(TBS系)が16.6%、12日の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)が13.8%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率。今後は生放送でスタジオに縛られることなく自由に活動できるのだから、各局にとって喉から手が出るほど欲しい存在なのは当然だろう。

「おしゃれイズム」の中で古舘は“(報道番組は)短い時間で止めないといけない”“しゃべりたい衝動が止まらない”などと言っており、今後はかつての主戦場だったトークバラエティーの司会が狙い目なのは明らか。この発言に対して、現在司会を担当している上田晋也は冗談交じりに“やばいやばい! 絶対(司会は)渡さねえからな”などと言っていたが、同番組はもともと古舘がMCを担当していた「おしゃれカンケイ」の後継番組だけに今後は分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る