古舘伊知郎 バラエティー復帰宣言に“バブル芸人”戦々恐々

公開日: 更新日:

 やっぱり器が違う――。先週末、「報道ステーション」(テレビ朝日系)降板以降、11年ぶりに2つのバラエティーに出演した古舘伊知郎(61)の評判がうなぎのぼりだ。

 なにしろ10日の「ぴったんこカン・カン スペシャル」(TBS系)が16.6%、12日の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)が13.8%(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率。今後は生放送でスタジオに縛られることなく自由に活動できるのだから、各局にとって喉から手が出るほど欲しい存在なのは当然だろう。

「おしゃれイズム」の中で古舘は“(報道番組は)短い時間で止めないといけない”“しゃべりたい衝動が止まらない”などと言っており、今後はかつての主戦場だったトークバラエティーの司会が狙い目なのは明らか。この発言に対して、現在司会を担当している上田晋也は冗談交じりに“やばいやばい! 絶対(司会は)渡さねえからな”などと言っていたが、同番組はもともと古舘がMCを担当していた「おしゃれカンケイ」の後継番組だけに今後は分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る