フリーアナ受難の時代 夏目三久“女優デビュー”の損得勘定

公開日: 更新日:

 ついに“大本命”が動きだした。高島彩(37)や赤江珠緒(41)など、このところフリーアナの女優転身が相次いでいるが、人気ナンバーワンともいわれる夏目三久(31)も女優業への参入を図るというので芸能マスコミを賑わせている。

 すでに水面下では同じ事務所の堺雅人(42)が出演している「真田丸」(NHK)、さらに同じく堺主演で続編の噂が根強い「半沢直樹」(TBS系)への出演を打診しているともっぱらだ。しかし、そもそもフリーアナはどうして女優を目指すのか。

 ひとつはフリーが飽和状態になっていることが挙げられる。かつては「フリーになれば年収は10倍」などといわれ、局所属の女子アナは「我も我も」とフリーになったため、すでに満杯なのだ。そこへ追い打ちをかけているのが各局の経費削減傾向。わざわざフリーを使ってギャラを払うより、自局の女子アナでいいじゃないか、という空気が急速に広まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    “復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

  6. 6

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  7. 7

    “金属後遺症”誠也の「アウトサイドイン」を直した練習法

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    “東出不倫”で「スカーレット」八郎と三津の関係に批判噴出

  10. 10

    山形の老舗百貨店「大沼」自己破産を招いた3つの問題点

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る