10社出演でCM界席巻 西島秀俊の武器は“旦那さま”の訴求力

公開日: 更新日:

 アイドルやイケメン俳優ともなると結婚=人気急落が相場だが、まれに価値を上げる場合もある。一昨年末に16歳下の一般女性をめとった俳優・西島秀俊(45)は、まさにそのパターンだ。

 独身貴族俳優と呼ばれたが、結婚発表以降に出演したテレビドラマは、危険を顧みない刑事や医者、リストラされたサラリーマンと多種多様なれど、ぜ~んぶ既婚者の役どころ。今年4月に長男が生まれたタイミングで、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」ヒロインの父親役。結婚がマイナスになるどころか、イメチェンに大成功。まるで私生活になぞらえるかのように、役柄の幅を広げているのだ。

 CMスポンサー受けも抜群だ。食品、飲料、薬品、自動車など計10社(15年11月現在)の「顔」を担い、15年のCM起用社数ランキングは3位タイ(男性部門、ニホンモニター調べ)である。そして、新たに保険会社アフラックの新商品「給与サポート保険」のCMキャラクターに就任。昨28日に行われた発表会では、夫婦役で共演したタレントの渡辺直美(28)に「可愛らしい奥さん」とはにかみ、“妻”をデレデレにさせたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

もっと見る