日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10社出演でCM界席巻 西島秀俊の武器は“旦那さま”の訴求力

 アイドルやイケメン俳優ともなると結婚=人気急落が相場だが、まれに価値を上げる場合もある。一昨年末に16歳下の一般女性をめとった俳優・西島秀俊(45)は、まさにそのパターンだ。

 独身貴族俳優と呼ばれたが、結婚発表以降に出演したテレビドラマは、危険を顧みない刑事や医者、リストラされたサラリーマンと多種多様なれど、ぜ~んぶ既婚者の役どころ。今年4月に長男が生まれたタイミングで、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」ヒロインの父親役。結婚がマイナスになるどころか、イメチェンに大成功。まるで私生活になぞらえるかのように、役柄の幅を広げているのだ。

 CMスポンサー受けも抜群だ。食品、飲料、薬品、自動車など計10社(15年11月現在)の「顔」を担い、15年のCM起用社数ランキングは3位タイ(男性部門、ニホンモニター調べ)である。そして、新たに保険会社アフラックの新商品「給与サポート保険」のCMキャラクターに就任。昨28日に行われた発表会では、夫婦役で共演したタレントの渡辺直美(28)に「可愛らしい奥さん」とはにかみ、“妻”をデレデレにさせたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事