二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

高知東生に「いい夫」のレッテル貼ったメディアの“節穴”

公開日:  更新日:

 俳優としての評価は「イマイチ」でも、メディアの間では「いつも快く話をしてくれる」と高知東生容疑者(51)は「いい人」と評されていた。

 極め付きが高島礼子(51)との夫婦生活。夫は話ベタな妻をフォローして「いい人」ぶりを発揮。「おしどり夫婦」とも呼ばれていた。表面だけを捉えて「いい人」「おしどり夫婦」という肩書を付けたがるメディアも再考の余地があると思う。

 仕事の話は皆無でも、女の話は尽きなかった。プレーボーイぶりを隠すこともなく、「どんな女でも絶対に口説ける自信がある」とホステスに語れば、「必ず目を見つめながら囁くように話す。女性がメロメロになるのもわかる」と女性記者も感心していた。

 業界内では「ホストが俳優しているだけ」とヤユする声もあった。それは夫婦生活からも感じ取れていた。高島というトップ女優と再婚。「格差婚」と不安視するなか、男としてのプライドよりも「楽な生活」という実益を優先。まるで専業主夫のように高島に尽くしていた。旧知の芸能関係者は「メディアの前に立てば、“いい夫婦”と思われるようにするのは当たり前。役者ならいい夫婦を演じることぐらい簡単なこと」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る