• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NOKKOが子育て秘話 「娘は“フレンズ”聞いたら寝ちゃう」

 ロックバンド「レベッカ」のボーカルNOKKO(52)が5日、映画「シング・ストリート 未来へのうた」(ジョン・カーニー監督、9日公開)公開直前イベントに「ミッソーニ」のワンピ姿で登場し、ちょっぴり変わった子育てエピソードを披露した。

 今年10歳になる娘とは「カーリー・レイ・ジェプセンっていいよね」と、カナダ出身の女性シンガー・ソングライターの曲を一緒に聞きながら盛り上がったり、「朝は時報代わりにNHKの『みんなのうた』を聞いている」とミュージシャンらしい日常を告白。それに加え、「『テレビ体操』の五日市祐子さんが気になる。きょう(の位置)は斜め後ろだねとか、マニアックな会話をしています」。

 小さな頃はNOKKO本人が歌って寝かしつけていたため、「『夕焼け小焼け』でも『フレンズ』でも聞いたらすぐ寝ちゃうみたい。(昨年の再結成ライブでも)3曲までしか聞けなかったみたい」。

 80年代を代表する歌姫も、すっかり母の顔だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る