NOKKOが子育て秘話 「娘は“フレンズ”聞いたら寝ちゃう」

公開日: 更新日:

 ロックバンド「レベッカ」のボーカルNOKKO(52)が5日、映画「シング・ストリート 未来へのうた」(ジョン・カーニー監督、9日公開)公開直前イベントに「ミッソーニ」のワンピ姿で登場し、ちょっぴり変わった子育てエピソードを披露した。

 今年10歳になる娘とは「カーリー・レイ・ジェプセンっていいよね」と、カナダ出身の女性シンガー・ソングライターの曲を一緒に聞きながら盛り上がったり、「朝は時報代わりにNHKの『みんなのうた』を聞いている」とミュージシャンらしい日常を告白。それに加え、「『テレビ体操』の五日市祐子さんが気になる。きょう(の位置)は斜め後ろだねとか、マニアックな会話をしています」。

 小さな頃はNOKKO本人が歌って寝かしつけていたため、「『夕焼け小焼け』でも『フレンズ』でも聞いたらすぐ寝ちゃうみたい。(昨年の再結成ライブでも)3曲までしか聞けなかったみたい」。

 80年代を代表する歌姫も、すっかり母の顔だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る