レベッカ内定情報も…懐メロに“目玉”頼るNHK紅白の苦境

公開日:  更新日:

 大晦日のNHK紅白歌合戦にレベッカの出演が内定――。スポーツ紙は「これで目玉が決まった」みたいな騒ぎようだが、ちょっと待ってもらいたい。レベッカってそんなに凄いバンドだったっけ?

「80年代は日本のロックバンドとして初めてアルバムのミリオンセールスを達成していますが、その頃でさえ『紅白』には呼ばれていません。NHK関係者は“80年代の音楽シーンを代表する存在”なんて言ってますが、つい最近、15年ぶりに再結成したことから、むしろ12年に再結成して紅白出場を果たした『プリンセスプリンセス』と同じく“懐メロ”枠ということでしょう」(レコード会社関係者)

 この時期の「内定情報」は、NHKがそれだけ出演交渉に苦戦している結果では、とのうがった見方もある。

「昨年はすったもんだの末に中森明菜のサプライズ出演も果たしました。もう残っている紅白未出場の目玉歌手は、ずっとオファーを断られ続けている井上陽水や松山千春、竹内まりやぐらいしかいないでしょう。しかし、竹内は夫の山下達郎がどうしてもクビをタテに振らない。結果、“昔の名前”のバンドや歌手に頼るしかない」(あるプロデューサー)

 紅白といえば、離婚騒動の渦中にある高橋ジョージがNHKドラマで演じた「たどころ晋也」名義でCDデビュー。

 紅白狙いを公言していたが、ホントにジョージが“目玉”になったりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る