レベッカ内定情報も…懐メロに“目玉”頼るNHK紅白の苦境

公開日:  更新日:

 大晦日のNHK紅白歌合戦にレベッカの出演が内定――。スポーツ紙は「これで目玉が決まった」みたいな騒ぎようだが、ちょっと待ってもらいたい。レベッカってそんなに凄いバンドだったっけ?

「80年代は日本のロックバンドとして初めてアルバムのミリオンセールスを達成していますが、その頃でさえ『紅白』には呼ばれていません。NHK関係者は“80年代の音楽シーンを代表する存在”なんて言ってますが、つい最近、15年ぶりに再結成したことから、むしろ12年に再結成して紅白出場を果たした『プリンセスプリンセス』と同じく“懐メロ”枠ということでしょう」(レコード会社関係者)

 この時期の「内定情報」は、NHKがそれだけ出演交渉に苦戦している結果では、とのうがった見方もある。

「昨年はすったもんだの末に中森明菜のサプライズ出演も果たしました。もう残っている紅白未出場の目玉歌手は、ずっとオファーを断られ続けている井上陽水や松山千春、竹内まりやぐらいしかいないでしょう。しかし、竹内は夫の山下達郎がどうしてもクビをタテに振らない。結果、“昔の名前”のバンドや歌手に頼るしかない」(あるプロデューサー)

 紅白といえば、離婚騒動の渦中にある高橋ジョージがNHKドラマで演じた「たどころ晋也」名義でCDデビュー。

 紅白狙いを公言していたが、ホントにジョージが“目玉”になったりして。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る