• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナチュラルメークでお買い物 内田恭子の“勝ち組”ママ生活

 5日に行われた大型商業施設「MARK IS みなとみらい」の3周年アニバーサリーイベント。同施設内に特設されたステージでは盛大なセレモニーが催され、お祝いの場に花を添えるゲストとして、フリーキャスターの内田恭子(39)が登場した。

 もっとも、イベントに駆け付けた報道陣の数は4社だけ……。1999年から2006年までの7年間、フジテレビの看板アナとして人気を博したウッチーにしては、あまりにトホホな動員数である。

「大学1、2年の時は横浜から日吉まで通っていたんですが、学校が終わると逆方向なのにみなとみらいに来て、お買い物したり、食事したり。おしゃれですてきな街ですよね」と、ハマっ子らしいエピソードを交えて地元のPRにひと役買っていた内田。現在は3歳と6歳の男児2人を抱え、「雨の日でも一度は家の外に出ないと、遊び盛りの彼らは発散することができない。普段は疲れ切ってますが(苦笑い)、彼らからパワーをもらうことが多いですね」と、子育てに奮闘する日々も語ったのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る