ドラマより楽しい? 海老蔵が歌舞伎で“出世巡る男の戦い”

公開日: 更新日:

 サラリーマンであれば、誰もが出世したいだろう。そのために一生懸命に働いている。しかし、仕事で業績をあげた人や、同僚の間で人望がある人が出世するとは限らない。上にゴマをすったり、コネがあったり、世渡り上手な人が出世する。徳川幕府という大官僚機構でもそれは同じだった。

 今月の歌舞伎座では、実力とか人望以外の理由で出世した男を描く、きわめて現代的な芝居が上演されている。

 歌舞伎は「昼の部」「夜の部」があり、それぞれ別の演目なのだが、今月は両方とも昭和に作られた演劇が上演されているので、普段、歌舞伎を見ない人にも分かりやすい内容だ。大河ドラマを見る感覚で楽しめる。

 悪人が出世していく話は、昼の部の宇野信夫作「柳影澤蛍火」だ。徳川五代将軍綱吉の側近、柳沢吉保をモデルにしたもので、1970年に初演された。今回は市川海老蔵が柳澤を演じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  6. 6

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る