ドラマより楽しい? 海老蔵が歌舞伎で“出世巡る男の戦い”

公開日:  更新日:

 サラリーマンであれば、誰もが出世したいだろう。そのために一生懸命に働いている。しかし、仕事で業績をあげた人や、同僚の間で人望がある人が出世するとは限らない。上にゴマをすったり、コネがあったり、世渡り上手な人が出世する。徳川幕府という大官僚機構でもそれは同じだった。

 今月の歌舞伎座では、実力とか人望以外の理由で出世した男を描く、きわめて現代的な芝居が上演されている。

 歌舞伎は「昼の部」「夜の部」があり、それぞれ別の演目なのだが、今月は両方とも昭和に作られた演劇が上演されているので、普段、歌舞伎を見ない人にも分かりやすい内容だ。大河ドラマを見る感覚で楽しめる。

 悪人が出世していく話は、昼の部の宇野信夫作「柳影澤蛍火」だ。徳川五代将軍綱吉の側近、柳沢吉保をモデルにしたもので、1970年に初演された。今回は市川海老蔵が柳澤を演じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る