冠番組が視聴率ワースト更新 「嵐」人気急失速の裏側

公開日:  更新日:

 ここにきてジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」の失速が目立つようになっているという。

「7月20日放送の特番『嵐ツボ』(フジテレビ系)が7・9%、23日放送の冠番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)が昨年4月の番組リニューアル以降最低の数字となる6・9%を記録してしまった。特に『嵐ツボ』はメンバー5人が世の中の知られざるコミュニティーを訪問するという新機軸を打ち出したが見事に外してしまった」(テレビ関係者)

 コンサートツアーのチケットは毎回ファンの間で熾烈な争奪戦が繰り広げられ、高値でのオークション売買防止のため本人確認まで導入されたほど。しかし、冠番組はかつての勢いを失っている。

「もともと、嵐は事務所のNG項目が多く、できる企画が限られていた。その企画も出し尽くして、番組もマンネリ化している」(前出のテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る