キムタク除く4人と独立か SMAP元マネ“逆襲”へ虎視眈々

公開日:  更新日:

「このままメンバーがおのおのラジオでコメントして、チャンチャンとはならないだろう。なるはずがない」。テレビ関係者がこう口を揃えている。

 14日の解散決定報道から5日たった18日、稲垣吾郎(42)が自身の冠ラジオ番組で「突然のご報告で驚かせてしまい、本当に申し訳ございません」とコメントしたが、この間、SMAPメンバー5人それぞれの事情や解散に至るまでのぐちゃぐちゃの舞台裏が盛んに報じられているように、解散劇は終息とは逆の、芸能界総ぐるみの暗闘へと発展する可能性が出てきた。

 再発火点は、1月の独立騒動でジャニーズ事務所を放逐された元チーフマネジャーの飯島三智氏(59)。飯島氏は「週刊文春」最新号の取材に対し、「芸能界の仕事はしていない」「メンバーと一度も連絡をとっていない」などとコメントしているが、額面通りに受け取る関係者はほとんどいないと言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る