キムタク除く4人と独立か SMAP元マネ“逆襲”へ虎視眈々

公開日: 更新日:

「このままメンバーがおのおのラジオでコメントして、チャンチャンとはならないだろう。なるはずがない」。テレビ関係者がこう口を揃えている。

 14日の解散決定報道から5日たった18日、稲垣吾郎(42)が自身の冠ラジオ番組で「突然のご報告で驚かせてしまい、本当に申し訳ございません」とコメントしたが、この間、SMAPメンバー5人それぞれの事情や解散に至るまでのぐちゃぐちゃの舞台裏が盛んに報じられているように、解散劇は終息とは逆の、芸能界総ぐるみの暗闘へと発展する可能性が出てきた。

 再発火点は、1月の独立騒動でジャニーズ事務所を放逐された元チーフマネジャーの飯島三智氏(59)。飯島氏は「週刊文春」最新号の取材に対し、「芸能界の仕事はしていない」「メンバーと一度も連絡をとっていない」などとコメントしているが、額面通りに受け取る関係者はほとんどいないと言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る