• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

水谷が卓球個人史上初メダル “打倒中国”原動力に銅獲得

 努力と苦労が実った。リオ五輪卓球男子シングルスの3位決定戦で、水谷隼(27)がウラジミール・サムソノフ(40=ベラルーシ)を4-1で破り、五輪の日本男子初のメダルを手にした。

 水谷の個人戦は、ロンドン大会がベスト16。団体戦は北京、ロンドンと2大会連続5位とメダルに手が届かず悔しい思いをしてきた。

 今大会は準決勝進出時に、「メダルを取れなかったら一生悔いが残る」と熱く語ったが、世界ランク1位の馬龍(中国)を打ち破ることができずに3位決定戦に回った。

 サムソノフは、アトランタ五輪から6大会連続出場のベテランで、172センチの水谷に立ちはだかるような189センチの大男だ。国際舞台での通算成績は4勝3敗と水谷が勝ち越している。五輪直前の6月27日にも対決。その時も水谷が勝っており、両者とも相手の手の内は知り尽くしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る