• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“高畑ハンデ”背負った「24時間テレビ」 シタタカな計算も

 日本テレビにしてみれば、看板番組「24時間テレビ39」の番組パーソナリティーに起用した俳優が、よもや強姦致傷容疑で逮捕されようとは夢にも思わなかったはずだ。

 今週末(27、28日)の放送本番を目前に控え、高畑裕太容疑者(22)の穴埋めに奔走する日テレ局内からは、ある“たられば話”が聞こえてくる。通常、24時間テレビは8月の第3週に放送されるが、近年の五輪イヤーはかぶりを避け、24時間テレビの放送時期を1週ずらしており、「リオ五輪じゃなければ、高畑の不祥事は24時間テレビの放送後。こんな目に遭わずに済んだかも」(日テレ関係者)というのである。

 日テレは、高畑の逮捕当日に降板および番組ポスターの撤去、ドラマの撮り直しを発表した。そんな迅速な対応に加え、「NEWS ZERO」や翌朝の情報番組では〈部屋に呼ぶ口実として必要のない歯ブラシを持ってこさせた〉という容赦ないテロップを流したり、高畑の奇妙な言動の目撃証言VTRを繰り返し引用するなど、いずれの局より厳しい姿勢で報じていた。それには、「24時間テレビの協賛企業に対し、日テレも被害者だと印象付けたい狙いも含まれています」(前出の日テレ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る