• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

第1作に近い「シン・ゴジラ」 “歴代”には意外な身体能力

 今年の最大ヒット映画になりそうな庵野秀明総監督の「シン・ゴジラ」。東宝が1954年に公開した映画「ゴジラ」から、シリーズとして実に60年以上もの歴史を持つが、面白いのは、作品によってゴジラの描かれ方や、誕生の設定などが異なるところだ。

 今作「シン・ゴジラ」は、海に投棄された核物質をエネルギーとして、個体で進化することができる「完全生物」として描かれている。特撮に詳しいライターの岩佐陽一氏によれば、「今作のゴジラは、第1作のゴジラに近い存在。ビキニ環礁の核実験を背景に、人類が生み出した脅威として描かれています。ゴジラは歩き回って街を破壊し、放射能を帯びた白熱光を吐き出します。シン・ゴジラも同じですね。でも、他のゴジラ作品では、ゴジラはもっといろいろなことができるようになっているんです」とのこと。

 そこで1作目や今作にはない、ゴジラの恐るべき身体能力を一部詳しく見てみよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る