• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

菅野美穂「砂の塔」は日本の現状描く“階層サスペンス”か

 すごいな、タワマン。金曜ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)の舞台であるタワーマンションのことだ。

 引っ越してきたばかりの主婦・亜紀(菅野美穂、好演)は、高層階に住むセレブ主婦たちの言動に戸惑っている。上の階ほど部屋の値段が高いから、住んでいる階数でその家庭の年収や生活レベルも分かるというのだ。

 特にリーダーである寛子(横山めぐみ)の選民意識がすさまじく、低層階の住人は「私たちとは民度が違う」と言い放つ。地位や財産や職業などで区分される「社会階層」と、建築物の階数を指す「階層」を重ねて見ているのだ。背景には格差社会、階層社会といわれるこの国の現状があるが、これって、本邦初の“階層サスペンス”か!?

 一方、タワマンの周辺では幼児の連続失踪事件が起きている。いずれも子育てをおろそかにした母親の子供が被害者だ。ドラマの冒頭、いきなり犯人かと思わせるような描写で登場したのが弓子(松嶋菜々子)。謎めいたアルカイックスマイルと、何もかも知っていそうな黒幕風たたずまいが結構怖い。例の家政婦を彷彿とさせて、松嶋、久方ぶりのハマリ役かも。

 このドラマは、「黒の女教師」や「アリスの棘」などを手がけてきた池田奈津子のオリジナル脚本だ。ダークヒロイン物を得意とするその腕前、大いに期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事