最新作で全力疾走 還暦トム・ハンクスは低迷洋画を救うか

公開日:

 邦画の勢いに押され、元気のない洋画界に今年還暦を迎えたトム・ハンクスがハッパをかけている。公開中のクリント・イーストウッド監督(86)作の「ハドソン川の奇跡」に加え、主演作「インフェルノ」が今週28日に全国ロードショーとなり、ベテランの存在感を発揮しているのだ。

「インフェルノ」は、「ダ・ヴィンチ・コード」(06年)、「天使と悪魔」(09年)に続くシリーズ第3弾。トム演じるハーバード大のラングドン教授が、ダンテの叙事詩「神曲 地獄編」に秘められた暗号を読み解き、感染病で人口減少を企む陰謀に立ち向かう歴史ミステリーだ。この手のジャンルの先駆けである「ダ・ヴィンチ・コード」は、興行収入90億円の社会現象を巻き起こす大ヒットとなり、続く「天使と悪魔」も33.5億円のメガヒットとなった。

「2作品の公開時とは異なり、洋画全体が苦戦を強いられている中、今作は最終で20億円を狙えるかどうか。先に公開となった『ハドソン川の奇跡』は主演俳優より、イーストウッド監督作品のカラーが濃いが、『インフェルノ』は原作ファンとトム・ハンクス自身の集客が興収のカギを握る。低迷する洋画全体の起爆剤として健闘してほしいですね」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る