新作「ブリジット・ジョーンズ」が描く負け美女のリアル

公開日: 更新日:

 30代独身彼氏ナシ、そんな全世界の負け組女子の共感を集めて大ヒットしたロマンチックコメディーの3作目となる続編「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」が、なんと11年ぶりに公開となるというので話題だ。

 主人公ブリジットは、仕事はそこそこ頑張ってるが恋愛面はからっきしダメなタイプ。ストレス解消に甘いものが欠かせず、酒量と体重も増える一方だ。そんな自分のダメっぷりを自覚しつつ、それでもやさぐれた日々を送る姿が「女子のホンネ」を代弁していると、日本でも絶大な支持を得たシリーズだ。

 とりわけブリジットを演じたレニー・ゼルウィガーの等身大の役づくりは好評で、1作目ではアカデミー主演女優賞にノミネート、彼女の出世作となった。

「ブリジット・ジョーンズといえばビール腹にデカ尻のだらしない体形が特徴的ですが、レニー本人を実際に見るとスラリとした美脚美人なんです。とくにお尻の上がり具合は私が見た多くのハリウッドスターの中でも当時はトップ級でした。なのに彼女はこの役のために体重を大幅に増やし、デカパンをはいて笑いをとっていた。映画のヒットはそんなプロ意識のたまものです」(映画批評家の前田有一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る