• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新作「ブリジット・ジョーンズ」が描く負け美女のリアル

 30代独身彼氏ナシ、そんな全世界の負け組女子の共感を集めて大ヒットしたロマンチックコメディーの3作目となる続編「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」が、なんと11年ぶりに公開となるというので話題だ。

 主人公ブリジットは、仕事はそこそこ頑張ってるが恋愛面はからっきしダメなタイプ。ストレス解消に甘いものが欠かせず、酒量と体重も増える一方だ。そんな自分のダメっぷりを自覚しつつ、それでもやさぐれた日々を送る姿が「女子のホンネ」を代弁していると、日本でも絶大な支持を得たシリーズだ。

 とりわけブリジットを演じたレニー・ゼルウィガーの等身大の役づくりは好評で、1作目ではアカデミー主演女優賞にノミネート、彼女の出世作となった。

「ブリジット・ジョーンズといえばビール腹にデカ尻のだらしない体形が特徴的ですが、レニー本人を実際に見るとスラリとした美脚美人なんです。とくにお尻の上がり具合は私が見た多くのハリウッドスターの中でも当時はトップ級でした。なのに彼女はこの役のために体重を大幅に増やし、デカパンをはいて笑いをとっていた。映画のヒットはそんなプロ意識のたまものです」(映画批評家の前田有一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る