ボブ・ディラン沈黙破りノーベル賞受け入れの意向伝える

公開日:

 ノーベル文学賞に選出されながら、これまで一切反応を示さず、沈黙を守っていたボブ・ディラン(75)が受賞を受け入れる意向であることがわかった。28日、ノーベル文学賞選考委員会のスウェーデン・アカデミーが、ディランから今週、連絡があったことを明らかにした。ディランは「ノーベル文学賞を受賞したことを知り、私は言葉を失った。この栄誉に感謝します」と受賞を受け入れる意向を伝えてきたという。

 また英紙デーリー・テレグラフ電子版は28日、ディランの単独インタビューを掲載。ディランは受賞について「信じられない」「素晴らしいことだ。こんなことを夢見る人がいるか?」などと喜びを語った。そして12月10日の授賞式について、「もちろん、できることなら」と出席の意向を示した。

 スウェーデン・アカデミーは13日、ディランを受賞者に選出したと発表したが、ディランに連絡がつかなかった。さらに17日には、ディランの公式サイトからいったんは表記されていた「ノーベル文学賞受賞者」の文字が削除されたため「やっぱり受賞辞退か?」などさまざまな臆測を呼んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る