• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボブ・ディラン沈黙破りノーベル賞受け入れの意向伝える

投稿日:

 ノーベル文学賞に選出されながら、これまで一切反応を示さず、沈黙を守っていたボブ・ディラン(75)が受賞を受け入れる意向であることがわかった。28日、ノーベル文学賞選考委員会のスウェーデン・アカデミーが、ディランから今週、連絡があったことを明らかにした。ディランは「ノーベル文学賞を受賞したことを知り、私は言葉を失った。この栄誉に感謝します」と受賞を受け入れる意向を伝えてきたという。

 また英紙デーリー・テレグラフ電子版は28日、ディランの単独インタビューを掲載。ディランは受賞について「信じられない」「素晴らしいことだ。こんなことを夢見る人がいるか?」などと喜びを語った。そして12月10日の授賞式について、「もちろん、できることなら」と出席の意向を示した。

 スウェーデン・アカデミーは13日、ディランを受賞者に選出したと発表したが、ディランに連絡がつかなかった。さらに17日には、ディランの公式サイトからいったんは表記されていた「ノーベル文学賞受賞者」の文字が削除されたため「やっぱり受賞辞退か?」などさまざまな臆測を呼んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る