ボブ・ディラン沈黙破りノーベル賞受け入れの意向伝える

公開日: 更新日:

 ノーベル文学賞に選出されながら、これまで一切反応を示さず、沈黙を守っていたボブ・ディラン(75)が受賞を受け入れる意向であることがわかった。28日、ノーベル文学賞選考委員会のスウェーデン・アカデミーが、ディランから今週、連絡があったことを明らかにした。ディランは「ノーベル文学賞を受賞したことを知り、私は言葉を失った。この栄誉に感謝します」と受賞を受け入れる意向を伝えてきたという。

 また英紙デーリー・テレグラフ電子版は28日、ディランの単独インタビューを掲載。ディランは受賞について「信じられない」「素晴らしいことだ。こんなことを夢見る人がいるか?」などと喜びを語った。そして12月10日の授賞式について、「もちろん、できることなら」と出席の意向を示した。

 スウェーデン・アカデミーは13日、ディランを受賞者に選出したと発表したが、ディランに連絡がつかなかった。さらに17日には、ディランの公式サイトからいったんは表記されていた「ノーベル文学賞受賞者」の文字が削除されたため「やっぱり受賞辞退か?」などさまざまな臆測を呼んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る