ボブ・ディラン沈黙破りノーベル賞受け入れの意向伝える

公開日: 更新日:

 ノーベル文学賞に選出されながら、これまで一切反応を示さず、沈黙を守っていたボブ・ディラン(75)が受賞を受け入れる意向であることがわかった。28日、ノーベル文学賞選考委員会のスウェーデン・アカデミーが、ディランから今週、連絡があったことを明らかにした。ディランは「ノーベル文学賞を受賞したことを知り、私は言葉を失った。この栄誉に感謝します」と受賞を受け入れる意向を伝えてきたという。

 また英紙デーリー・テレグラフ電子版は28日、ディランの単独インタビューを掲載。ディランは受賞について「信じられない」「素晴らしいことだ。こんなことを夢見る人がいるか?」などと喜びを語った。そして12月10日の授賞式について、「もちろん、できることなら」と出席の意向を示した。

 スウェーデン・アカデミーは13日、ディランを受賞者に選出したと発表したが、ディランに連絡がつかなかった。さらに17日には、ディランの公式サイトからいったんは表記されていた「ノーベル文学賞受賞者」の文字が削除されたため「やっぱり受賞辞退か?」などさまざまな臆測を呼んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る