ワイン党うじきつよしさん イタリアで悟った日本酒の魅力

公開日: 更新日:

 ところが、彼は本当にケロッとしてる。その時ハタと気がついた。「僕の体は米でできているんだ。ワインでは負けても日本酒だったら張り合える」――。帰国後、改めて日本酒を飲んでみると意外なほどおいしいじゃないですか。知らなかっただけだったんです。違いを言うなら、ワインやウイスキーは自分の体とは別物だけど、日本酒は飲むと一体化して、細胞の隅々にまでアルコールが染み込んでいく感じかな。

 それからです。基本、なんでも飲むけど、日本酒の割合が増えたのは。

■地方のおいしい店で日本酒三昧

 仕事柄、地方へ行くことが多いでしょ? そんな時は地元の人においしい店を紹介してもらって食べて飲んできます。例えば、仙台なら国分町の「一心」。ここは東日本放送さん制作の子供向け冠番組に出演していたころからだから、もう20年以上の行きつけですね。本店の他に「加減燗」「光庵」と全部で3店舗あって厳選した日本酒ばかり揃っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る