• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率急上昇 「砂の塔」猛追の裏に“王道ミステリー”手法

 真犯人は誰なのか──。菅野美穂(39)の主演ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)の視聴率が急上昇している。9日放送の第9話の視聴率が、前回より1.5ポイントアップの11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と過去最高を記録。次回の最終話に向けて、視聴者の期待が高まっているのが、数字にも表れている。

「砂の塔」はタワーマンションの裏にある“闇”を描いた心理サスペンス。菅野にとって産後本格復帰作として注目されていたが、初回の視聴率は9.8%。タワマン内の階層格差をもとに、主婦間の“いじめ”を描いた内容が話題になったが、視聴率は10%を切ることが多かった。

 だが、最後にきてグッと伸びてきた印象だ。コラムニストのペリー荻野さんはこう言う。

「最後の最後まで、犯人がわからないミステリーの王道です。タワマンのハイクラス層の姿を描いていますが、ドロッとした内容は『昼ドラ』でもおかしくない。主婦間のいじめの様子が物議を醸しましたが、徐々にサスペンス要素が増えていき、目が離せない展開となっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る