女性誌で持論 上戸彩が浮気報道のHIROに“公開ラブレター”

公開日:

 夫婦不仲や離婚危機が囁かれ、激ヤセぶりなど身が案じられている女優の上戸彩(31)。

「M-1」や「スマステ」出演時の変わり果てた姿に多くの業界関係者や視聴者は驚きの声を上げたが、12日発売の女性ファッション誌「ar」1月号(主婦と生活社)では、そんな雑音をかき消すかのように胸の谷間をあらわにした大胆な“見せ下着”姿を披露している。

 たしかに推定Eカップともいわれる豊満な胸はやや小ぶりになったものの、チャームポイントの笑顔は健在。全8ページの巻頭特集にはボディーラインを強調したタイトなニットワンピやパジャマ姿もあり、人妻のフェロモン全開で、インタビューでは女性が憧れる「いいオンナ」の代表として上戸流の幸福論などを語っている。

 なかでも、読みごたえがあるのは恋愛観。〈愛がダントツ一番〉と、恋愛体質だと自己分析した上で〈尊敬の気持ちが持てて、お互いの存在意義を分かり合える人〉に惚れやすいと明かしたり。ハマっている美容法やお気に入りの食事、好きな色から座右の銘まで、この企画を読んで真似れば、上戸彩になれるんじゃないかと錯覚する同世代や年下世代の女子たちの興味や共感を誘う内容がてんこ盛りなのだが、その中で唯一、意味深の文言が……。素敵なオンナの条件について〈誰かのために生きている人〉だとし、こう締めくくっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る