二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

芸能界も驚いた 成宮寛貴の電撃引退に“写と文”の威力痛感

公開日:

「ペンは剣より強し」

 今年ほどこの言葉を思い出し、痛感した年はなかった。しかも、ペンにカメラも加わり威力を増している。ベッキーに始まった一連の不倫報道。文と写真で真実を追求した。仕事を失う人もいれば、知事の座を追われる人もいた。メディアの世界で今年の漢字一字を選べば「写」だろうか――。

「FRIDAY」が報じた成宮寛貴(34)の“薬物疑惑”も「写」と「文」の最強コンビだった。男女の熱愛と違い、犯罪疑惑。絶対的な確証がなければ掲載に踏み切れない。さらには掲載後の相手の出方も読む。

 第1弾の後、成宮サイドは「事実無根。法的措置を取る」と強く抗議に出た。これも想定内のように「FRIDAY」は第2弾を用意していた。友人と成宮が交わした薬物使用をにおわすような音声テープの中身を掲載した。清原和博元野球選手もASKA容疑者も週刊誌の疑惑報道から逮捕に至ったこともあり、世間の風潮は「成宮も怪しい」という方向に傾いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る