日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドクターXで存在感 “逆輸入俳優”矢野浩二にブレーク萌芽

「ドクターX」(テレビ朝日系)が15日も20.5%と8週連続で20%台をキープし、今年の民放の連ドラのナンバーワンの座をほぼ手中にした。

 今週は中国の財閥を率いる夫婦が登場、米倉涼子演じる大門未知子がその妻を手術する話で、中国人の夫役を演じる俳優が注目を集めた。日本人ながら、流暢に中国語を話すこの俳優は矢野浩二(46)。ネットでは「どんな人だ?」と……。

 矢野は2000年に中国に移って俳優業を。中国語を身につけ、ドラマで日本人の悪役を続けているうちに仕事が増えて「中国でもっとも有名な日本人」といわれるまでになった人物。今年からは米倉らが所属するオスカープロモーションと契約し、“逆輸入俳優”として活動を続けているが、中国語を話す役なら右に出るものなしだから、結構、使いでがありそうだ。

 作家の松野大介氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事