• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

飯島氏と心中覚悟の独立か 香取慎吾に“ピン”の強みなし

 SMAP解散後、ジャニーズ事務所から独立必至とみられているのが香取慎吾(39)だ。元マネジャーの飯島三智さんが準備中とされる新事務所の看板タレントとなり、ジャニーズと完全に袂を分かつんじゃないかというのが、芸能マスコミの大方の見方だ。

「芸能界の母、育ての親と慕う飯島さんに一生ついていく腹づもりなんだと思いますよ。今回の独立騒動でも、最大の飯島シンパでしたから。独立を阻止したキムタクへの反感は相当のもの。謝罪会見や『スマスマ』でも憮然とした表情を浮かべていたように、とっとと独立して、飯島さんを裏切ったやつらを見返してやるという心境じゃないですか」(ワイドショーデスク)

 独立騒動第2幕の主人公として、マスコミの注目度もダントツ。来年は香取の乱として、大騒ぎになるか。前出のデスクが解説する。

「業界の構図でみると、『SMAPを連れて出ていきなさい』と言ったジャニーズの女帝メリー喜多川副社長と飯島女史のバトル。もっと言うと、メリーさんの娘で、ジャニーズ次期社長の藤島ジュリー景子副社長との覇権争いになるでしょう。飯島さんはジャニーズ時代にマネジメントしていたKis―My―Ft2やジュニアのメンバー引き抜きも画策し、総勢20人を超える新勢力を狙っているみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る