日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAP解散後“飯島派”入りも 草彅剛主体性なき残留の損得

 SMAP解散後も続くだろうメンバーたちとの勢力争いの中にあって、「立場が微妙」とみられているのが草彅剛(42)だ。主役を張れる俳優として、ポジションを得ている一方で、SMAPでは香取慎吾(39)と最も近く、元チーフマネジャーの飯島三智派に加わる可能性も少なくない。芸能リポーターの城下尊之氏に聞くと「どうですかねえ」として、こう言った。

「たとえば来年は、草彅さん主演の人気ドラマ『スペシャリスト』(テレビ朝日系)の新シリーズが制作されるという話があるんですね。もしジャニーズから独立という場合、テレビのプロデューサーはジャニーズの草彅さんとしてオファーを出すわけですから、ちょっと待ったとなる。SMAP関連を含め、いろんな権利関係をジャニーズが握っているので、香取さんや飯島さんとの人間関係だけで決めることはないように思います」

 果たして草彅は、解散後どう動くのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事