“SMAP看板”はキムタクだけ…4人剥奪にジャニーズの企み

公開日: 更新日:

 大晦日のNHK紅白歌合戦への出場が絶望視される中、解散後、SMAPのメンバーの活動はどうなるのか。ファンとしては気になるところだ。木村拓哉(44)や草彅剛(42)のドラマが来年1月からスタートするなど、その動向は少しずつ明らかになっているが、ある“奇妙な”現象が起きている。

 メンバーはそれぞれ、パーソナリティーを務めるラジオ番組を持っていて、タイトルに「SMAP」の文字が入っているのだが、来年1月以降、木村以外のメンバーの番組名から「SMAP」の文字が消えるという。

 ただ一人、番組名に「SMAP」の文字を残す木村は「SMAPの中には『サド マゾ アッセンブル ピープル』っていう意味も含まれている。だから、ちょっとね、変態なんですよ。このラジオは」などと説明したが、正直、意味が分かった人は少ないだろう。ほかのメンバーも「SMAP」に愛着はあるはずで、名前を残してもいいはずだ。一体、何があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る