辞任から半年…舛添元知事の湯河原の別荘は今も売られず

公開日: 更新日:

 日本中から批判を浴びて“とんずら”した前都知事の舛添要一氏(68)はケジメとして神奈川・湯河原の別荘を売る、なんて大見えを切っていたが、12月15日現在、登記を見る限り、売却されていなかった。

 別荘はどうなっているのか、日刊ゲンダイは改めて確かめに行った。

 舛添氏の別荘(写真)は湯河原でも“理想郷”と呼ばれる高級旅館が並ぶ地域にある。近隣住民は「6月に知事を辞めてからは、一度も見かけていませんね」と話す。

 敷地950平方メートルという豪邸の門は黒ずみ、壁も汚ない。インターホンの近くに何かのさなぎが張りつき、家の前にプラスチックのゴミが落ちていた。理想郷とはとても言い難い。

「辞任して以降は、誰も掃除をしている様子がないし、電気も消えたまま」(別の近隣住民)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る