辞任から半年…舛添元知事の湯河原の別荘は今も売られず

公開日: 更新日:

 日本中から批判を浴びて“とんずら”した前都知事の舛添要一氏(68)はケジメとして神奈川・湯河原の別荘を売る、なんて大見えを切っていたが、12月15日現在、登記を見る限り、売却されていなかった。

 別荘はどうなっているのか、日刊ゲンダイは改めて確かめに行った。

 舛添氏の別荘(写真)は湯河原でも“理想郷”と呼ばれる高級旅館が並ぶ地域にある。近隣住民は「6月に知事を辞めてからは、一度も見かけていませんね」と話す。

 敷地950平方メートルという豪邸の門は黒ずみ、壁も汚ない。インターホンの近くに何かのさなぎが張りつき、家の前にプラスチックのゴミが落ちていた。理想郷とはとても言い難い。

「辞任して以降は、誰も掃除をしている様子がないし、電気も消えたまま」(別の近隣住民)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る