妻直撃に続き初恋の女性まで フジvs舛添氏“バトル激化”か

公開日:  更新日:

 21日付で東京都知事を辞職した舛添要一氏。その舛添氏について、「フジテレビのMr.サンデーの攻撃が執拗だ」「そこまでやるか」とネット上で話題になっている。

 ヤリ玉に上がっているのは19日の放送回。都知事選に向けた動きなどをまとめたVTRが流れる中、舛添氏の「初恋の相手」とされる女性宅を直撃取材する一幕があった。

 女性は高校時代から数年間、舛添氏と文通していたといい、カメラの前に差し出された古めかしい封筒の裏面には「舛添要一」の名前が。

 舛添氏が書いた「正しく・強く・美しく生きていこう」という文面が映し出されたほか、顔にボカシがかけられた女性が、「(今の舛添氏には)『正しく』がちょっと欠けてますね」と手厳しく批判するシーンもあった。

 初恋の女性と恋文の公開については、視聴者からもさすがに同情の声が噴出。ツイッター上には<今回の事件とその人何にも関係ないよね>と、やりすぎを批判する声や、<舛添さん嫌いだけど だからって恋文テレビで晒すのは引くわ>と、放送内容に疑問を呈するコメントが上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る