日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻直撃に続き初恋の女性まで フジvs舛添氏“バトル激化”か

 21日付で東京都知事を辞職した舛添要一氏。その舛添氏について、「フジテレビのMr.サンデーの攻撃が執拗だ」「そこまでやるか」とネット上で話題になっている。

 ヤリ玉に上がっているのは19日の放送回。都知事選に向けた動きなどをまとめたVTRが流れる中、舛添氏の「初恋の相手」とされる女性宅を直撃取材する一幕があった。

 女性は高校時代から数年間、舛添氏と文通していたといい、カメラの前に差し出された古めかしい封筒の裏面には「舛添要一」の名前が。

 舛添氏が書いた「正しく・強く・美しく生きていこう」という文面が映し出されたほか、顔にボカシがかけられた女性が、「(今の舛添氏には)『正しく』がちょっと欠けてますね」と手厳しく批判するシーンもあった。

 初恋の女性と恋文の公開については、視聴者からもさすがに同情の声が噴出。ツイッター上には<今回の事件とその人何にも関係ないよね>と、やりすぎを批判する声や、<舛添さん嫌いだけど だからって恋文テレビで晒すのは引くわ>と、放送内容に疑問を呈するコメントが上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事