• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻直撃に続き初恋の女性まで フジvs舛添氏“バトル激化”か

 21日付で東京都知事を辞職した舛添要一氏。その舛添氏について、「フジテレビのMr.サンデーの攻撃が執拗だ」「そこまでやるか」とネット上で話題になっている。

 ヤリ玉に上がっているのは19日の放送回。都知事選に向けた動きなどをまとめたVTRが流れる中、舛添氏の「初恋の相手」とされる女性宅を直撃取材する一幕があった。

 女性は高校時代から数年間、舛添氏と文通していたといい、カメラの前に差し出された古めかしい封筒の裏面には「舛添要一」の名前が。

 舛添氏が書いた「正しく・強く・美しく生きていこう」という文面が映し出されたほか、顔にボカシがかけられた女性が、「(今の舛添氏には)『正しく』がちょっと欠けてますね」と手厳しく批判するシーンもあった。

 初恋の女性と恋文の公開については、視聴者からもさすがに同情の声が噴出。ツイッター上には<今回の事件とその人何にも関係ないよね>と、やりすぎを批判する声や、<舛添さん嫌いだけど だからって恋文テレビで晒すのは引くわ>と、放送内容に疑問を呈するコメントが上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る