妻直撃に続き初恋の女性まで フジvs舛添氏“バトル激化”か

公開日: 更新日:

 21日付で東京都知事を辞職した舛添要一氏。その舛添氏について、「フジテレビのMr.サンデーの攻撃が執拗だ」「そこまでやるか」とネット上で話題になっている。

 ヤリ玉に上がっているのは19日の放送回。都知事選に向けた動きなどをまとめたVTRが流れる中、舛添氏の「初恋の相手」とされる女性宅を直撃取材する一幕があった。

 女性は高校時代から数年間、舛添氏と文通していたといい、カメラの前に差し出された古めかしい封筒の裏面には「舛添要一」の名前が。

 舛添氏が書いた「正しく・強く・美しく生きていこう」という文面が映し出されたほか、顔にボカシがかけられた女性が、「(今の舛添氏には)『正しく』がちょっと欠けてますね」と手厳しく批判するシーンもあった。

 初恋の女性と恋文の公開については、視聴者からもさすがに同情の声が噴出。ツイッター上には<今回の事件とその人何にも関係ないよね>と、やりすぎを批判する声や、<舛添さん嫌いだけど だからって恋文テレビで晒すのは引くわ>と、放送内容に疑問を呈するコメントが上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る