家賃120万円も客まばら 閑古鳥鳴くGENKINGショップの近況

公開日: 更新日:

「や~よ!」のセリフでブレークした、ニューキャマ系クリエーターのGENKING(年齢非公開)が10月15日に、美の総合ショップKINGsを都内にオープンしたが、早くも閑古鳥が鳴いているという。

 青山通りを1本奥に入った店周辺は人けがなく、1階はスムージーのジューススタンド、2階は美容商品販売、3階は水素バーと歯のホワイトニング設備だそうだが、記者が店内にいる間にビルを訪れたのはカップル1組のみ。

「あのビルなら3フロア計116平方メートルで家賃は月額120万円程度。表参道と渋谷の間という立地ですが、裏通りなので、商品に魅力があるか、ご本人に相当カリスマ性がないと経営は厳しいでしょう」(不動産業者)

 “謎のセレブ美男子”としてインスタグラムで注目を浴び、15年は200本超のテレビ番組に出演。しかし、いい時期は長くは続かず、その後は、過労による体調不良と後発タレント・りゅうちぇるの台頭で仕事が開店休業状態に陥り、美容家に転向したばかりだった。

「初日の売り上げが50万とテレビで言っていましたが、いくらスポンサーがいたとしても経営的には早期撤退レベルです」(前出の不動産業者)

 年は越せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る