ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

最高のタイミングで世に放たれた ピコ太郎の幸運と信念

公開日: 更新日:

 伝説的なポップ・アーティストとして知られるアンディ・ウォーホルは、かつて「誰もが15分間は世界的な有名人になれる時代が来るだろう」という言葉を残した。彼が世を去ってから約30年後、東洋のかなたからたった1分足らずの動画で世界を変えてしまう男が現れた。

 彼の名はピコ太郎(53)。その男が手がけた「PPAP」と名付けられた奇妙な楽曲は、インターネット上の口コミを通じて瞬く間に世界各国に広まった。

 動画サイトで検索してみると、世界中のミュージシャンや一般人が、音楽をリミックスしたり彼の真似をして踊ったりしている動画が数多く見つかる。これほどわずかな期間で世界中に知られるタレントが現れたのは、日本の芸能史上初めてのことだろう。耳に残る楽曲と、思わず真似したくなる振り付けで世界に革命を起こした。

 そんなピコ太郎のプロデューサーを務めているのがお笑い芸人の古坂大魔王(43)。芸人でありながら楽曲制作やアイドルプロデュースなどの仕事にも携わり、マルチな才能を持っていた。もともと古坂は「底ぬけAIR-LINE」というコンビを結成しており、90年代後半には「ボキャブラ天国」「爆笑オンエアバトル」などにも出演。その頃から音楽やダンスを取り入れたネタを得意としていた。彼の中では「笑いと音楽の融合」というのがひとつの大きなテーマだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る