元大物組長が自伝で明かした ヤクザと芸能界の“蜜月時代”

公開日: 更新日:

 元大物組長の自伝本が発売になり、業界の話題をかっさらっている。「烈侠 山口組 史上最大の抗争と激動の半生」(サイゾー)。元山口組組長代行補佐で、その後、一和会の副会長兼理事長を務めた斯界の超大物である加茂田重政氏(86)が、自身の生い立ちから今日までを振り返っているのだが、その内容は衝撃的の一言だ。

 加茂田元組長といえば血で血を洗うといわれた山一抗争のころは度々テレビなどマスコミの前に登場。その風貌を記憶している人も多いはず。

「“山一”の当事者だった加茂田氏が口を開くのは初めてではないか。山口組離脱の経緯や一和会の山本広会長の人柄など、これまで明らかになっていなかった事実も多くつづられており、昭和の裏面史としての資料的価値は非常に高い」(実話誌編集者)

 抗争の舞台裏も興味深いが、その一方で戦後の芸能界とヤクザの関係が理解できるのが第6章「芸能界との繋がり」の項である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事